育毛することになったきっかけ|育毛対策の経験談

育毛をするきっかっけ
【育毛することになったきっかけ体験談もくじ】
  【34歳 男性】仕事もプライベートもどん底からの育毛
  【48歳 男性】AGA治療という方法を知って髪が復活!
  【35歳 女性】女性でも何かしないと本当にハゲてしまうかもという思い

仕事もプライベートもどん底からの育毛

【34歳 男性】
20代後半くらいから髪の毛が細くなりハリとコシがなくなってしまい頭のてっぺんが薄くなってきました。

シャンプーを変えてみたり生活のリズムを調整していましたが全く効果がなく進行するばかり。

遺伝的な要素もあるかもしれませんが、当時は工場での管理業務の為クリーンウェアに身を包みぴちぴちのフードを着用し室外ではヘルメット着用という常に蒸れている頭皮に厳しい環境でした。

薄毛が進むことにより会話をしている人の視線が上向いて頭頂部を見ているのが気になり始め、人とのコミュニケーションをだんだん避けるようになりました。

また、ふと気が付くと頭頂部だけでなく後頭部へと浸食が進んでおり人が背後にいるとストレスを感じるようになりました。

薄毛をごまかすために髪を伸ばし始めましたがハリとコシを失っているのでスタイリングも困難です。

周囲からハゲ散らかっていると飲み会で揶揄されるようになり、自分に自信が持てなくなってきて自信のあった仕事のパフォーマンスまで落ちてしまいました。

薄毛が気になる事により仕事中もできるだけフードやヘルメットをかぶり続けた結果、さらに薄毛が進行してしまう悪循環。

梅雨などの湿度の高い時期は髪に勢いなくヘニャヘニャに、夏場の熱い時期も汗で重力に負けておりみすぼらしい姿に。

30代前半で完全に自信を失ってしまい重要なプロジェクトからも外され、続いたマイナス思考で彼女にも振られてしまいました。

頭皮のムレもさることながらメンタル面の影響かさらに薄毛が進行してしまい、万遍なく薄毛状態となりスキンヘッドとなりました。

しかし、その後、転機が訪れます。

半分諦めていましたが、その頃あたりから毎日育毛剤を使用し頭皮マッサージをするようになりました。

そして、重要プロジェクトから外され環境が変わった事、スキンヘッドにしたことにより蒸れる状況やストレスが多い状態から解放されたことなどの環境の変化?により奇跡的にも少しずつ髪にも変化が!

薄くなっていた部分からうっすら産毛が生えるようになってきたんです。

違和感はまだ少しありますが短髪坊主という髪形をなすレベルにまで回復しており仕事にも自信を取り戻しました。

その結果、自営業を立ち上げ現在に至り、自信を高めながら髪質も少しずつ高まっています。

AGA治療という方法を知って髪が復活!

【48歳 男性】
薄毛になり始めたのは20才の頃でした。

父がハゲておりバーコード状態だったので気にはしていましたが、学生時代からハゲの兆候が出ていました。

毎日シャンプーをすると、必ずと言っていいほど排水口のフィルターにはたくさんの抜け毛が溜まるようになりました。

その頃には、まだハゲが遺伝すると言うことを知らなかったので”少々食生活が乱れているのかな?ちょっと疲れているのかな?”という程度にしか思っていませんでした。

しかしその頃に読んでいた男性雑誌の記事に”ハゲが遺伝するのはこんな人だ”というものが載っており、排水口の抜け毛やフケ、頭皮のベタつき、紙の毛が細いなどどれも自分の特徴に該当するものばかりでした。

さすがに”自分はハゲの遺伝子を受け継いでいるのでは?”と思うようになり、まだ薄毛になっていませんでしたが、予防する必要があると考えて行動することにしました。

雑誌には予防策として、育毛トニックを付ける、シャンプーのすすぎはヌルつきが無くなるまで行う、頭皮のマッサージを風呂上りに必ず行うなど、頭皮に良いと思われることをこまめにしました。

しかし学校やバイトが忙しく段々と億劫になり、次第に頭皮のケアをしなくなって行きました。

社会人になっても一向に抜け毛が減らず、時々思い出した時にマッサージや育毛剤を付ける程度の生活を数年続けていました。

その頃は毎日ではありませんが、シャンプーをする時にマッサージしながらだったり、育毛ブラシなるもの(頭皮を叩く当時流行った紫電○ブラシ)で頭が痛くなるまでバカの様に叩いてみたりと、忙しい合間を縫っては何かしら対策となることをしていました。

それから10数年経った頃には薄毛はかなり進行していてもう自分では半ば諦めかけていました。

ですが、ちょうどその時AGA治療という方法を知る事になりました。

市販の育毛剤よりは割高になりますが、医師の元に薄毛治療が行われるという事に最後の期待をかける事にしました。

具体的には主に飲む育毛剤のプロペシアを毎日1錠長期間飲み続けるというものです。

飲み始めて1年ほどで確実に新毛が生えてくるようになりました。

もうダメかと思っていたので、泣きそうなほど嬉しかったことを覚えています。

それからさらに2年経ちましたが、今ではすっかり毛が生え薄毛とは思われないほどに復活しました。

女性でも何かしないと本当にハゲてしまうかもという思い

【35歳 女性】
42歳で自営業をしています。 30代後半頃から抜け毛が増え始めて、最初はまさかそれが自分の髪の毛だとは思っていませんでした。

勝手に夫の毛だと思い「最近、洗面台に髪の毛よく落ちてるね」なんて話しをしたことから、それが夫ではなく自分のだと気付いたのでした。

改めて見てみると、おでこをアップにした時の生え際の毛が減っています。

そりこみが深くなったようで、男性みたいな薄毛の状態でちょっと恥ずかしい状況でした。

さらに頭頂部は薄毛になったというよりも、全体的にボリュームダウンしたようで髪の毛がぺたんとなりやすいです。

汗をかいた時や帽子をかぶった後などに髪のぺたんこ感が出てしまいます。

最初は何となく気のせいかな?くらいの感じがしていたのですが、入浴の際に手に絡みつく毛の量も以前より増えて排水溝にも髪の毛が溜まりやすくなったのを見ていると、何かしないと本当にハゲてしまうかも知れないと不安になってきました。

元々髪の毛は多いほうだったので、余計に不安を感じます。

私がまず考えたのはシャンプーでした。男性の薄毛と女性の薄毛は原因も違うと聞いていましたし、シャンプーを見直そうと思い髪や頭皮に優しいタイプに変えました。

育毛シャンプーなど効果の高いものというわけではなく、頭皮ケアができる女性向けのシャンプーを選びました。

乾燥肌ということもありよく頭皮が痒くなっていたので、頭皮の状況を改善するのも大事だなと思いました。

シャンプーを変えただけでしたが、頭皮の痒みもマシになり少し落ち着いてきました。

抜け毛が急激に減るというわけではないのですが、ダウンしていたボリュームも改善してきました。

育毛剤は使っていませんが、頭皮ケアのスプレーもお風呂上りにたまに使っています。

何もしていない時には抜け毛が怖かったけれど、何かやりはじめてみたら頭皮の状態も良くなりふんわりとボリュームが出てきました。

いきなり毛が生えてくるというわけではないのですが、生え際のそりこみも以前よりマシになったように感じています。

男性の薄毛体験談|薄毛・ハゲで辛かった経験や苦労話まとめ